SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Perfect Listening

更新はストップしています(笑)気が向いた方は

http://www.bestmax.com/wordpress/へお立ち寄り下さい。
<< 今日、1人だけに何かを伝えるとしたら・・・ | main | ぼろぼろな駝鳥 >>
あなたがあなた自身でいる事を誰も許したがらない・・・

9歳の自我とか、14歳までに自我が完成するとか・・・諸説あります。
 私達は後天的に、家族や社会から「影響」を受けて生きています。 躾、教育、訓練、・・・これらは「誰かが積極的にあなたに影響を及ぼす行為」といえるでしょう。もちろん反発することも可能です。しかしそれはある程度「おとな」になってから、幼いあなたは反発する事はできなかったことでしょう。

教育する立場(親・先生・管理者等・・・)のメッセージは、
 「あなたが、あなた自身でいること」か
 「教育者に都合のよい、あなたでいること」か
 どちらを伝えているのでしょう? 大部分は後者でしょう。なぜなら、その教育する立場の彼/彼女も同じように育てられてきたのですから・・・

家のしきたり、地域の文化、時代背景や社会の風潮・・・多様な「かかわり」があなたに影響を及ぼしています。もしかしたら、あなたがまだ無防備な頃に「教えられた何か」 「体験した何か」が 「今のあなた」に強く働きかけているかもしれません。育った環境(時代・地域)が違えば当然今のあなたはいないはずですから・・・

良し悪しはありません、まして正しいとか間違いもありません、しかしそれでも尚「あなた」は存在しています。そしてあなたが日常的に会話している誰かも同じように存在しています。
 「誰か」は
お父さんですか?お母さんですか?
上司ですか?部下ですか?
友人ですか?仕事上の関係者ですか?
彼氏/彼女ですか?・・・・
それとも「もう1人のあなた」ですか?

最後にゲシュタルトの祈りという詩を掲載しておきます。味わってみてください・・・

●ゲシュタルトの祈り●

Ich lebe mein Leben und du lebst dein Leben.

私は私のために生きる。あなたはあなたのために生きる。

Ich bin nicht auf dieser Welt, um deinen Erwartungen zu entsprechen -

私は何もあなたの期待に応えるために、この世に生きているわけじゃない。

 und du bist nicht auf dieser Welt, um meinen Erwartungen zu entsprechen.

そして、あなたも私の期待に応えるために、この世にいるわけじゃない。

ICH BIN ich und DU BIST du -

私は私。あなたはあなた。

und wenn wir uns zufallig treffen und finden, dann ist das schon,

でも、偶然が私たちを出会わせるなら、それは素敵なことだ。

wenn nicht, dann ist auch das gut so.

たとえ出会えなくても、それもまた同じように素晴らしいことだ。

Frederick Perls

フレデリック・パールズ
| 徒然 | 14:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://perfect.bestmax.com/trackback/14