SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Perfect Listening

更新はストップしています(笑)気が向いた方は

http://www.bestmax.com/wordpress/へお立ち寄り下さい。
<< 感情とのコミュニケーション | main | 良い上司? 良い部下? >>
「なにか面白いことやりたいなぁ」vs「なにか面白いことないかなぁ」
タイトルからこのエントリーが即座に了解できる人は遊びに行って下さい(笑) 「面白いことやりたいなぁ」と「面白いことないかなぁ」は似ていますが、「面白いこと」に対しての姿勢がまったく違います。
  • 前者は面白いことに向かう自己があって能動的に関わる。自分が主体的、積極的に関わることで「面白くする」
  • 後者は面白いことがあって受動的に関わる。自分が居てもいなくても「面白いこと」がどこかにあって、それを「待っている」
良し悪しはありませんが、違いはわかりますね!JRのコマーシャルみたいですが、「そうだ京都に行こう!!」と「私をどこかにつれてって!!」といった違いでしょうか?(笑) 「面白い感じ/感覚」は ・興味がある ・関心がある ・楽しい ・おかしい ・ワクワクする ・どきどきする ・期待通りの展開 ・期待を裏切る展開・・・ といった複数の要素が絡んでいます。 日頃の会話で「面白いこと」でてきたら(たとえそれが「内なる会話」でも)
  1. 相手(あるいは自分)の「姿勢」は「積極的に関わるのか?」あるいは「待っているのか?」
  2. 「要素」はなんなのか?
をチョット確認するとよいでしょう。 ただし、前回記事の最後にも(重要な追記)として記述してますが、 「面白いことないかなぁ/やりたいなぁ」どちらにしても、今は「面白くない」「つまらない」「楽しくない・・」・・・のです。 この心情が「面白いことないかなぁ/やりたいなぁ」と言葉に表現されているのを見逃さないように・・・ 有名な句を一つ
面白き こともなき世に 面白く すみなすものは 心なりけり (高杉晋作)
| 徒然 | 15:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://perfect.bestmax.com/trackback/37