SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Perfect Listening

更新はストップしています(笑)気が向いた方は

http://www.bestmax.com/wordpress/へお立ち寄り下さい。
メラビアンの法則
あまりご存じないかも知れませんね? でもどこかでなんとなく聴いたことがあるかも?(「人は見た目が・・・、」「第一印象が・・・」とかね)

メラビアンの法則 - Wikipedia

この研究は好意・反感などの態度や感情のコミュニケーションについてを扱う実験である。感情や態度について矛盾したメッセージが発せられたときの人の受けとめ方について、人の行動が他人にどのように影響を及ぼすかというと、話の内容などの言語情報が7%、口調や話の早さなどの聴覚情報が38%、見た目などの視覚情報が55%の割合であった。この割合から「7-38-55のルール」とも言われる。「言語情報=Verbal」「聴覚情報=Vocal」「視覚情報=Visual」の頭文字を取って「3Vの法則」ともいわれている。
この数字の厳密さはともかく、私達はNon-Verbalな要素、つまり言語以外の要素がコミュニケーションには重要で言葉そのものはたったの7%しかないんだといわれる時があります。実際服装や髪型など見た目も重要です。声の抑揚、トーン、話すスピード、リズム、テンポなのも重要でしょう。

 しかし、テキストだけでコミュニケートするメール、あるいはこのブログなど「読む」という行為しかない時、100%言葉(この場合文字)だけが影響します。それも物凄く影響するのです。

ところで唐突ですが、「昨日の夕飯はなんでしたか?」脳トレではありません。思い出しましたか?昨日の夕飯を忘れてるかもしれないですね。 もう一つ、今、どこに座っていますか?(どこに立ってますか?)・・・

もしかしたら、意識は「今、どこに居るのか?」に動きませんでしたか?
もし「昨日の夕飯に意識が動いたり」「今の居場所に意識が動いていた」なら、これが「言葉(文字)」の力です。

あなたから今私の姿は見えません、私の声も聞こえません、なのに「影響」されて意識が動きました。 「今、ここ」に動きましたか?

 あなた自身が純粋に「今、ここ」に居れば、「言語情報」だけでなく「視覚情報」「聴覚情報」も含め「相手の話」を100%聴くことが可能です」  これがPerfect Listening の提供する内容です。

何気ない一言で勇気付けることもできます。何気ない一言で落ち込むこともあります。 「言葉を大切に・・・」

PS:話題が変わりますが、 交流分析(TA)の提唱者であるエリック・バーン博士の「気付きは常に今、ここで・・・」 私が25年ほど前にこの言葉に出会った時を今でも鮮明に記憶しています。 私達はどうやら「自分の頭の中の、過去の自分や将来の自分と居る」時が多いようです。 決して目の前の人と居るわけでは無さそうですね・・・では一体誰と会話しているのでしょうか?誰の話を聴いているのでしょうか?

 重要なテーマなので何度も繰り返しますね。今回はこの辺で。。。
| 徒然 | 18:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
可能性・・・
対人関係であれ、仕事上の出来事であれ、常に「良くなる可能性」があります。 しかしながら私達は「自分の癖」にしたがって出来事や人を見聞きしています。(MYglasses) あなたが、「これまでと違った結果や状態を手にしたいなら」あなたの合理性を一度確認してみるとよいかもしれません。チョット難しいかもしれませんが「MYglasses」を調整するということです。 簡単な図を提示しておきます。 可能の領域は無限です。 この図は「可能の領域」を示しています。 ほとんどの人は「合理の範囲」で普段は生きています。しかしながら、何かブレイクスルーしたい時は「非合理の範囲」に飛び込むことが必要でしょう・・・。 そのとき「MYglasses」は一旦外さないと飛び込めません。 もちろん結果として「合理の範囲が広がったあなたが誕生」します。 もしかしたらこのプロセスを成長と表現してるのかもしれませんが・・・・ 可能とは常に合理の外側にあるのです。 より良好なコミュニケーションをとるために・・・ より快活に生きるために・・・ より良い仕事をするために・・・ あなたはどんな冒険をしますか? ビジネスでもプライベートでも「あなたが我慢」してる何か、「ストレスになっている何か」を効果的に解決するためには「MYglasses」を調整したり、外したりすると良いかもしれません。もしかしたらそうするだけで(特別な行動をしなくても)

「解決すべきテーマが消え失せる」ことがあるかも?

是非チャレンジを楽しんでください。
| 徒然 | 16:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
タイプ分け補足資料

(PC向けなので携帯では読めないかな?)昨日の記事にある、DiSC資料を見たいとリクエストをいただいたので、抜粋したものをアップしておきます。(昨日の資料はレクチャー無しで配布するのは少々気が引けます・・・)この図はそれぞれの特徴的な部分を記載していますので参考にして下さい。

表の抜粋です

昨日の記事に記載したように、自分や、他人を「このタイプ」として決め付けてしまうのも考えものです。

また、多くの場合これらは「ビジネスシーン」での効果的な人事、あるいは業務に活用されるケースが多いと思われます。

コーチングで使われる、コントローラー、プロモーター、サポーター、アナライザーの4タイプと似ているかな?

カウンセラー、コーチ、インストラクター、トレーナー・・・呼び方は色々あるでしょうが、一定のスキルや知識でクライアントと対応されているとは思います。

何か解決したいと思うテーマを抱えている人も、自分は特に何もないという人も、プライベートでも、ビジネスシーンでも、上記のような方とのセッションを上手に活用できればあなたに大きな変化があるでしょう。人生にはタイミングという計り知れない「時の采配」があると思います。いつかお目にかかるかもしれないし、そうでないかもしれません。

Blogという文字だけのお付き合いですが、参考になるような、あるいはなるかも知れない記事をこれからもupしていきます。

では良い週末を・・・

| 徒然 | 16:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
タイプ分けをする

私達はもしかしたら、タイプ分けをして人を見る時が多いかもしれません。日常的に血液型など・・・「A型は・・・」「B型は・・・」「O型は・・・」「AB型は・・・」血液型程度なら笑ってやり過ごすこともあるし、それほど「まともには受け止めない」かもしれません。

しかし、コーチングやカウンセリングで使われるような区別化の方法になると「いかにもそれっぽい」(信頼性が高そう)です。エニアグラムは9つのタイプ、TA・エゴグラムはPACの波型によるタイプ、DiSCは4つのカテゴリー、チョット砕けますが、動物占い等・・・学術的な背景、実績、または宗教的背景なども含めて説得力もあります。

DiSC理論

(読めないかもしれませんが)この表はDiSCの4タイプです。過去記事の「秋といえば」に記載しているAVKも同様に区分化しています。(AVKは上記のタイプ分けとは少々違い、単独では機能しないと考えてください)

まったくずれているわけではありません。またこれをのジャンルで専門家の方も大勢います、成果も挙げています。

このブログ読者の皆さんも「有効に機能する」なら活用する価値はあるでしょう。

ただ、私達はそれほど簡単に「ラベルリング」できるほど単純ではありません。後天的に手に入れてきた要素も多いはずです。

一人ひとりはとてもユニークで独自の存在であることを忘れてはいけません。

更に、私達は固定化されているわけではなく常に変化しているのです。

そしてその独自性がたまたま「一定の条件(状況・環境)において」好意的に受け取られたり、敵意をもって見られてたりします。また仕事では高い評価や低い評価が与えられたりするだけです。地域や社会背景が変化すれば評価が変わります。会社や職種が違えば当然評価は違います。「たまたまの条件」で「そのときの評価」なのです。

重要なことは自他共に「タイプ分け」することではなく、まして、それに「良し悪し」「好き嫌い」の価値付けをするのではありません。「自分は何が可能なのか」と問いかけることかもしれません。
大人同士の関係であれば、特に仕事上の関係であれば「冷静さ」を保つことが可能?(内面ではイラダチがあるかもしれません・・・)

では親子とか夫婦ではどうでしょう?感情的な会話になりやすく、「あんたは、いつも○○なんだから・・・」と決め付けてしまうことも多いのでは?親子なら「有無を言わせぬ力関係」があることも見逃せません。

どうでしょうか?「その時の状況で、自分は何が可能か」と問いかけてみて下さい。

こちらも参考にして下さい。

ちなみに私は「B型、タイプ7、M型、Di型、チータ、A」です(爆)

まったく同じタイプの方でも、私とはまったく別人でしょう?

知識や、経験も違います。仮に同じタイプだとしてもまったく別人になるのは当然ですね。

| 徒然 | 11:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ジョハリの窓
ジョハリの窓

これは有名なジョハリの窓といわれるもの図です。ジョー(ジョセフ・ルフト)とハリー(ハリー・インガム)という二人の提唱者の名前を合成して作られた名前です。ここでは、「知=知っている:不知=知らない」程度に理解をしておいてください。

ヽかれた窓、公開されたあなた、openself

¬嫖世料襦他人から見たあなた、Blind Self

H詭の窓、隠されたあなた、Hidden Self

ぬっ里料襦⊆他共に知られていないあなた、Unknown Self

といわれる「窓」です。コミュニケーションの食い違いがおきやすいのはもちろん◆↓です。

「誤解」や「つもり」が起こりやすい部分ですね。

はともかく、△麓覚がないので実は「発見すること」そのものが難しいわけです。他人からのフィードバックを頼りに見つけるしかありません。(お 互い様かも知れませんが、)「なぜ彼/彼女は***な態度/反応をするのだろう」と考察するればOKです。もちろんPerfect listeningで は扱いますが、日常の何気ない会話が、自己の発見に繋がることが多数あります。誰かの話を注意深く聞いてみたり、自ら尋ねるのも良いでしょう。その時、 「良し悪し」「正誤」の判断はせず、できる限り「そのまま受け止めましょう」

なぜなら「あなたの潜在的な可能性を引き出すチャンス」だからです。これを「能力」使って表現すると

仝穏瀁塾

↓J殕能力

だ在能力

と言い換えることができます。上図でい良分を大きくしている理由がここにあります。私達には自他共に知らない「潜在能力」が物凄くあることを引き受けてください。

顕在能力の増大

顕在能力を大きくするには、◆△△襪い廊、となります。このことは即ち、保有能力を自他共に「知る」ことですね。

具体的には、

、◆他人から「あなたは●●な人」と言われた時に「一度受け止めてみると良いでしょう」もちろん肯定的なら受け入れやすですね。逆に否定的ならムッとするかも知れません。しかし、それでも尚、「その人から見れば●●な人」です。

、「私は○○な人です」と他人に伝えることです。これも否定的なら表現するのにためらいがあるかもしれません。もちろん肯定的なら表現しやすい でしょう。この場合「相手の反応が気になる」かもしれませんが、その反応そのものがコミュニケーションとなります。先述したように「良し悪し」「正誤」の 判断はできるだけ避けましょう。

これら全てがフィードバックです。あなたの態度や行動、言動が「周囲の反応」の原因となっているのです。周りを愉快にしたり活気あふれる雰囲気にす ることもできます。もちろん逆に暗くしたり、険悪な雰囲気にすることも可能です。言葉だけではありません、表情、身振り手振り全てが「あなたを表現」して います。

能力は発揮されてこそ能力として意味があるのと思います。「あなたならできるのに・・・」「私ならできるんだけどなぁ・・・」これはとてももったい ない事ですね。誰かが期待をこめて話していると感じたら「その人からはそう見えているのです」、他に誰もいなくても「自分がそう思うなら実行してみましょ う」

「話しを聴く」「話をする」実は同質の能力、技術です。潜在的に持っているあなたの能力を最大限に引き出すことは、あなたの可能領域を拡大することに他なりません。是非楽しんでください。

こちらも参考になるかな?一言でまとめてますけど・・・

こちらは似てるけどチョット違った観点からです。

| 徒然 | 11:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
秋といえば・・・・
 秋といえば、あなたは何を連想しますか?

(連想してください・・・)

たとえば、

紅葉ですか? 虫の声? それとも、ゆったりと温泉に浸ってる?  ・・・人それぞれの連想がありますね。

なぜ「人それぞれ」なのでしょう?そうです。それまでの体験の仕方が違うからですね。(体験の違いではなく「仕方」です)

今回は違いの種類について書いておきましょう。上記に書いた3種類はどれもありそうな内容を書いています。そして違いがあるのはその表現されているポイントです。

  • 紅葉:視覚的表現(V)
  • 虫の声:聴覚的表現(A )
  • 温泉:身体感覚的表現(K)

大まかに分類すると3種類になります。あなたが連想したのはどのタイプでしたか?

代表システム(とか表象システム)といいます。3つの代表システムは全ての人が持っていますが、その働き方に差異があり、得意とする代表システムをよく使います。「優先的代表システム」といいます。

実はこの違いが、コミュニケーションを図る際にとても差がある部分です。

自分の持つ「優先的代表システム」を使ってコミュニケーションをとることが多いので、たとえば「過去のことを思い出して話す時」「将来について話す 時」など違いがあります。AVKそれぞれの特徴的表現を使います。この特徴を掴んで(理解して)会話をすると「効果的」にコミュニケーションが図れます。 自分と相手の代表システムが同じなら比較的楽にコミュニケーションがはかれます。ただ、違いがあるとストレスが溜まる会話になるかも知れません。

それぞれの特徴については今後のエントリーで少しずつ扱っていきます。

まずは、自分がどんな表現を使うことが多いのかを「観察」して、自分の「代表システム」を確認すると良いかもしれません。

他人との比較において「違い」があるだけで「優劣」があるわけではありません。

テレビCMを考察すると3つの代表システムがバランスよく織り込まれているのがわかります。(こういう見方をすのは私の本業の癖ですけど:笑)

たとえば、ビールのCM等を思い浮かべてください。

TVですから

「映像」はそのまま「V」の人に伝わります。(もちろん照明など輝きを上手に利用してます)。

「ビールを注ぐ音」「栓を開ける音」などの効果音・・・「A」の人にも伝わります。

それを飲んでるタレントのコメントが「のどごしがいい・・・」「切れがある・・・」等の表現と「しぐさ」これで「K」の人にも伝わります。

どうですか?「見事に全てのタイプの人に訴求する」ようデザインされているでしょう?

万人に向けて発信される広告はすべの人と「コミュニケート」したいのですから当然ですね。

あなたは誰と効果的なコミュニケーションをはかりたいですか?

| 徒然 | 11:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
MYglasses

見たいように見て、聞きたいように聞いている。これは仕方のないことです。

私達には事実をありのままに受けとっているのではなく、「自分なりに受け取っている」のです。

このテーマはPerfect listeningでは終始扱っていきます。

今この文章を読んでいるあなたは「自分の声を、声に出さずとも聞いているはずです」

「同じ文章」でも読む人が変われば「受け取り方が変わります」特に補足する必要もないでしょうが、同じ映画を見ても、違う印象になるのと同じです。

実はこの違いこそ「あなたらしさ」を確認できるポイントですね。

  • 懐疑的に読んでいる
  • 批判的に読んでいる
  • 学ぼうと読んでいる
  • 素直に読んでいる
  • 難しいな・・と読んでいる
  • ・・・・

色々考えられますね。そもそも私と面識のない人は「こいつ何者なんだ?」といった感じで読んでいるかもしれません。(笑)

平易な言葉で書けば「癖」です。難しく書けば「観念」とか「パラダイム」とかです。これが一人ひとり違うからこそ、「同じ出来事」なのに「違う体験」をするのですね。

良し悪しはありません、しかし「自分の癖」を知っていることは役に立つ可能性があります。

今回は、深く触れませんが「価値のフィルター」「信念体系」など様々な要素が「あなた」をつくっています。あなたらしさをつくる「フィルター」を「MYglasses」と言っておきましょう。(複数形がポイントです。)

サングラスが光を遮リ、眩しさを防ぐように、「MYglasses」も役に立ちます。

「削除」「歪曲」「一般化」という用語を使って説明することが多いですが、簡単にいえば、冒頭に記述したように 外部の出来事を「自分なりに受け取っている」のです。

「MYglasses」を外すと「別世界」が現れるかもしれません。

しかし、その前に「MYglasses」を探さないとなりませんね・・・

| 徒然 | 23:50 | comments(0) | trackbacks(2) | pookmark |
ぼろぼろな駝鳥
 

何が面白くて駝鳥を飼ふのだ。

動物園の四坪半のぬかるみの中では、

足が大股過ぎるぢゃないか。

頚があんまり長過ぎるぢゃないか。

雪の降る国にこれでは羽がぼろぼろ過ぎるぢゃないか。

腹がへるから堅パンも食ふだらうが、

駝鳥の眼は遠くばかりを見てゐるぢゃないか。

身も世もないように燃えてゐるぢゃないか。

瑠璃色の風が今にも吹いてくるのを待ちかまへてゐるぢゃないか。

あの小さな素朴な顔が無辺大の夢で逆まいてゐるぢゃないか。

これはもう駝鳥ぢゃないぢゃないか。

人間よ、

もう止せ、こんな事は。

【高村光太郎】

この詩を小学生の時に読んで、今でもその時の「イメージ」や「声」あるいは「全体的な感触」を追体験します。暗い印象・・シーンとした教室・・・ちょっと重苦しい感じ・・・

皆様はいかがですか?
詩を解説するつもりはありません。これは完成された作品です。
私が今でも追体験するのは理由があります。もしかしたら次のような「置き換え」をしてたのだろうと思います。

「駝鳥」を「私」に置き換えると何か発見があるかもしれませんよ!!


| 徒然 | 10:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
あなたがあなた自身でいる事を誰も許したがらない・・・

9歳の自我とか、14歳までに自我が完成するとか・・・諸説あります。
 私達は後天的に、家族や社会から「影響」を受けて生きています。 躾、教育、訓練、・・・これらは「誰かが積極的にあなたに影響を及ぼす行為」といえるでしょう。もちろん反発することも可能です。しかしそれはある程度「おとな」になってから、幼いあなたは反発する事はできなかったことでしょう。

教育する立場(親・先生・管理者等・・・)のメッセージは、
 「あなたが、あなた自身でいること」か
 「教育者に都合のよい、あなたでいること」か
 どちらを伝えているのでしょう? 大部分は後者でしょう。なぜなら、その教育する立場の彼/彼女も同じように育てられてきたのですから・・・

家のしきたり、地域の文化、時代背景や社会の風潮・・・多様な「かかわり」があなたに影響を及ぼしています。もしかしたら、あなたがまだ無防備な頃に「教えられた何か」 「体験した何か」が 「今のあなた」に強く働きかけているかもしれません。育った環境(時代・地域)が違えば当然今のあなたはいないはずですから・・・

良し悪しはありません、まして正しいとか間違いもありません、しかしそれでも尚「あなた」は存在しています。そしてあなたが日常的に会話している誰かも同じように存在しています。
 「誰か」は
お父さんですか?お母さんですか?
上司ですか?部下ですか?
友人ですか?仕事上の関係者ですか?
彼氏/彼女ですか?・・・・
それとも「もう1人のあなた」ですか?

最後にゲシュタルトの祈りという詩を掲載しておきます。味わってみてください・・・

●ゲシュタルトの祈り●

Ich lebe mein Leben und du lebst dein Leben.

私は私のために生きる。あなたはあなたのために生きる。

Ich bin nicht auf dieser Welt, um deinen Erwartungen zu entsprechen -

私は何もあなたの期待に応えるために、この世に生きているわけじゃない。

 und du bist nicht auf dieser Welt, um meinen Erwartungen zu entsprechen.

そして、あなたも私の期待に応えるために、この世にいるわけじゃない。

ICH BIN ich und DU BIST du -

私は私。あなたはあなた。

und wenn wir uns zufallig treffen und finden, dann ist das schon,

でも、偶然が私たちを出会わせるなら、それは素敵なことだ。

wenn nicht, dann ist auch das gut so.

たとえ出会えなくても、それもまた同じように素晴らしいことだ。

Frederick Perls

フレデリック・パールズ
| 徒然 | 14:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
今日、1人だけに何かを伝えるとしたら・・・
週末なので、少しヘビーな感じがするテーマですが、気楽にとらえてくださいね(笑)

最近は「コミュニケーション」にはとても便利な時代になりました。携帯電話はほとんどの方が持っているし、電車や車といった移動手段も当たり前に利 用できます。大昔、といっても石器時代とかではありませんよ。ほんの200年程度です。その時代は今とは違い移動手段も通信手段も人力だったのだと思いま す。(その頃既に・・・というツッコミは無しでお願いします。本筋ではないので:w)
だからこそ「一期一会」とい感覚は意識の上ではとても大きかったのではないかと・・・更にさかのぼれば戦国時代なら、それこそ「永久の別れ」になっているのかもしれません。

前置きが長くなりましたが、表題のごとく「今日、1人だけに何かを伝える」としたら

「誰に」「何を」伝えたいですか?

コチラの記事も参考になるかな?

冒頭にも書いたように「お気楽」に!!

| 徒然 | 17:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |